住まいの知恵袋 | 栃木県宇都宮市の自然素材を使った健康住宅・注文住宅はAJホーム
インスタグラム
お電話でのお問い合わせはこちら
  • 宇都宮028-688-7105
  • 船橋047-411-5477
  • お問い合わせ・資料請求 ショールームのご案内

    住宅業界の秘密

    家の断熱性能を上げるためには?

    Back Number59

    簡単に家の断熱性能を上げる方法をご紹介!

    今のお家は夏は暑く、冬は寒いといったお悩みはありませんか?

    それは、その家の断熱性能が低いため。

    といっても壁に入っている断熱材を交換するのは時間も費用もかかります。

     

    断熱材を全て交換するくらいなら我慢をする、エアコンでなんとかする、と

    考える方も多いかと思いますが、そこで注目していただきたいのが窓です。

    一般的な窓は壁の1/10程度の断熱性能しかないため、ここをリフォームすれば、

    断熱性能の向上に大きな効果が期待できるのです。

     

    _MG_2545.JPG

    ■窓の性能をあげる

    開閉する窓は、家の中でも熱の出入りが多い場所。

    夏場に屋外の熱が入ってくるのは窓からが70%程度、

    冬場の屋内の熱が逃げるのは窓からが50%と言われています。

    つまり、断熱性の高い窓に変更することで熱の出入りを減らすことが出来ます。

     

    断熱性の高い窓には以下のようなものがあります。

    ・二重窓…窓の内側にもう一つ内窓を作ることで、窓と内窓の間に空気の層ができて、

     熱が伝わりにくくなります。内窓の窓枠は樹脂を使われることがほとんどです。

     この樹脂はアルミより1000倍も熱を伝えにくいので断熱効果はぐんとアップします。

    ・高断熱ガラス…複層になっているガラスです。空気の層を作るだけでなく、特殊な

     金属膜で熱を反射するので、断熱効果は普通のガラスの3〜4倍と言われます。

     エコガラス、真空ガラスなどと呼ばれるものです。

     

    ■窓の選び方
    窓は製品によって性能が大きく異なります。窓のメーカー製品には、

    断熱性能を表す「熱貫流率」という値が示されています。

    別名「U値」ともいい、W/m2・Kという単位で表記されます。

    この数値が小さいほど、断熱性のがいい製品ということになります。

    いくつかの窓を比較して選ぶときは、このU値が小さいものを

    選ぶようにしましょう。

     

    また窓を選ぶときに、同時に考えていただきたいのがサッシです。

    せっかく断熱効果の高いガラスを選んでも、それを取り付けるサッシに隙間があれば

    熱はそこから逃げてしまうからです。サッシはその素材も重要です。

    通常のアルミサッシではなく、熱を伝えにくい素材のサッシを選ぶことで、

    窓の断熱性はさらにアップします。

     

    窓のサッシ部分とガラスの組み合わせを変えるだけで、家の断熱性能は

    大きく変わるということなのです。

     

    ■まとめDSC_3623.jpg

    実は家の断熱性能を大きく左右するポイントだった窓。ですがこの窓は、断熱性能もさることながら、家の雰囲気を大きく左右するものでもあります。デザインと性能、また今の家に取り付けられるものかどうかはやはり専門家のチェックが必要です。

    マイホームが夏暑く冬寒いと感じている方はぜひ一度ご相談ください。

     

     

     

     

    TOP