その他のこだわり素材-自然素材について | 栃木県宇都宮市の自然素材を使った健康住宅・注文住宅はAJホーム
インスタグラム
お電話でのお問い合わせはこちら
  • 宇都宮028-688-7105
  • 船橋047-411-5477
  • お問い合わせ・資料請求 ショールームのご案内

    その他のこだわり素材

    柿渋(かきしぶ)

    自然素材の「抗菌効果」

    自然素材の「抗菌効果」

    自然界には、虫、鳥、カビなどから身を守る植物が数多く存在します。
    中でも柿渋をつくる渋柿(しぶがき)は、昔から鳥居の防腐、投網の防腐などに使用されていました。
    AJホームがつくる無添加住宅では、柿渋を防腐・防カビとして建具に独特の光沢をだす塗料として使っています。
    自然素材の「抗菌効果」の中で、あなたも暮らしてみませんか?

    天然の木目と色彩が創る [オリジナル床材]

    接着剤として米のり以外にも「にかわ」を使用します。

    接着剤として米のり以外にも「にかわ」を使用します。

    にかわは動物の骨や皮を煮て精製します。ゼラチンともコラーゲンとも呼ばれていることをご存知でしょうか?現在では、食品や化粧品などに広く利用されているにかわですが、 昔から接着剤としても使われていました。
    AJホームがつくる無添加住宅では、主に床材の貼り付け等に使用しています。

    石パッキン

    経年変化する心配はほとんどありません。

    何億年もかかって自然の力でできた石ですから、経年変化する心配はほとんどありません。

    湿度の高い日本において、床下の換気は昔からの課題でした。
    昔の住宅は換気のため、基礎部分に直接「切欠き」(四角く空けた部分)をいれていました。

    しかし耐久性が低下し換気も不十分なため、近年では基礎と土台の間に特殊なパッキンを配置する「土台パッキン工法」が普及しています。
    これにより床下の湿気で家の寿命が縮まるリスクが軽減されました。
    しかし土台パッキン工法に使用される「パッキン」に注目しますと、主原料にはプラスチックが使用されています。家を支える土台部分に経年変化で劣化していくプラスチックを使用するのは不安ではありませんか?

    私たちAJホームがつくる無添加住宅は、土台に石のパッキンを使用しています。
    何億年もかかって自然の力でできた石ですから、経年変化する心配はほとんどありません。住宅の中でも、もっとも重要な土台を地球が造った天然素材に支えられた家は、住む人に大きな安心を与えてくれます。

    ホウ酸処理

    経年変化する心配はほとんどありません。

    安全で効果が低下しない、ホウ酸によるシロアリ対策。

    AJホームのつくる家の土台や柱にはシロアリや木材腐朽菌に強いヒノキを使っています。
    さらに防蟻処理は、日本ボレイト株式会社の『ホウ酸』に よる防蟻処理 ボロンDEガードを標準で採用しております。
    ホウ酸は、カリフォルニアや西トルコの鉱脈で採掘される「ホウ酸塩鉱 物」を精製して作られる、天然物です。
    合成殺虫剤が一般的な日本とは違い、欧米諸国では防蟻処理はホウ酸処理 が一般的です。
    “安全"で効果が低下しない、下記のような特徴があります。

    ・ホウ酸は揮発しないから室内の空気を汚さない
    ・鉱物由来のホウ酸は、分解や揮発することが無いから、効果が低下しない。

    合成殺虫剤(農薬)は3~5年で無くなります!リフォームなどでも再処理ができない壁の中の柱などに、効果が無くなる薬剤を使ってしまうと、無くなってしまったら無処理と同等です。
    また、ホウ酸はシロアリの他にもいろいろな虫に効きますが、代表的なのはゴキブリやアリ、キクイムシなどです。
    ホウ酸を使用した有名な防虫対策としては、18世紀に作られたバイオリンの名器ストラディバリウス防虫対策にもホウ酸が使われています。

    もっと詳しく見る(一般社団法人日本ホウ酸処理協会)>

    TOP